子供について

Q.子供が洋服を一人で着脱することができませんが大丈夫でしょうか?
A.最初は、首や袖口は保護者の方が手伝ってあげながら、少しずつ自分で着られるようにしていきましょう。ウエストはゴムにしたり、少し大きめのものにしておくと、ひとりでも楽に脱ぎ着ができますよ。
園生活では、お友達の着替えを見ているうちに興味を持ちます。教師もお手伝いしますので、安心して下さいね。
Q.なかなかオムツがはずせないのですが、入園までにオムツをはずしておかないといけませんか?
A.オムツを無理に取ろうとすると、子どもにプレッシャーを与えてしまいかねません。
入園までに、オムツが取れるということは大切ですが、あまり深刻に思わないで、ゆったりのんびりした気持ちで見守ってあげてください。
入園したら、お友達の様子を目にし、良い刺激を受けて簡単に取れることもありますよ。
Q.早生まれで身体も小さく、園生活が始まると、みんなと一緒に集団行動を送っていけるか心配です。
A.幼児期は、月齢差が大きく、体格の差も目立ち、保護者の方が心配されるのも無理はありません。
でも、園では、ひとりひとりの月齢、体力、興味に目を配り、保育を進めていますので、園生活を通し、又、発達に伴って少しずつできるようになっていきます。
そんな⼦ども達の⽇々の成⻑を暖かく⾒守っています。

園について

Q.給食はありますか?
A.給食は月・木曜日で、火・水・金曜日はお弁当の日になります。
それぞれのお子様の食生活に応じた昼食を用意していただけるのは、手作りのお弁当ならではのことですので、お弁当の日を多めに決めています。
Q.制服はありますか?
A.制服はありませんので、それぞれのご家庭で普段着ておられる服装で登園なさってください。
園庭での遊び、造形活動など洋服は常に汚れます。汚れを気にせずのびのびと遊べる服装をお願いいたします。
Q.食事の時に飲むお茶は毎日持参するのですか?
A.昼食時に飲むお茶は、毎日園で用意しています。
その他の時間には、持参していただいているお茶を飲んでいます。
Q.登降園はどうすればよいでしょうか?
A.毎日おうちの方と登降園して頂いております。雨の日や寒い日もありますから大変なことですが、日々決められた時間を親子で持つことは素晴らしいことでもあります。登園・降園のひとときに季節の移り変わり、地域社会とのかかわりなど、親子でいろいろな発見をなさると共に、親子の心の絆が深まることを大切にしていただきたいと思っております。
Q.クリスチャンのご家庭が多いのでしょうか?
A.当園では、キリスト教精神に基づいて教育・保育がなされますが、クリスチャンの数は少数です。園児一人ひとりの個性を大切にして、それぞれ天から授けられた資質を伸ばし、それを大きく育てるよう心がけています。

入園について

Q.いつから入園できますか?
A.新入園は4月からとなります。年度途中から入園をご希望の方は、直接園にお問い合わせくださいませ。
Q.入園までに準備しておかないといけないことはありますか?
A.園生活をスムーズに、のびのび楽しく送るためには、毎朝きちんと朝食をとる規則正しい生活習慣が一番必要です!夜更かしは厳禁。もし夜型の生活リズムになっているようであれば、入園までに改善しましょう。又、子どもの興味のあること、自分でやりたいことは、大人が何でも先回りして世話をするのではなく、できるだけ自分のことは自分でできるように励まし、挑戦させてあげてください。
Q.お弁当には、どんなおかずをいれたらいいのですか?
A.幼児期には、食事に偏りがあったり、ムラ食いがよく見られます。
園では、「楽しくおいしく食べられること」を大切に食事をしていますので、お弁当にはお子さんの好きな食べ物を優先的に入れてあげてください。
量も、ご家庭での食事量を目安としてください。